MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

レッドスピリッツ チーム成積
年度主催連盟大会名回戦グランド対戦相手

試合日大会先攻得点後攻勝敗詳細
2018年07月07日練習試合恵比寿アタック6-1レッドスピリッツ敗北
チーム名1234567total投手−捕手
恵比寿アタック00002136
レッドスピリッツ010000X1森田、酒井−馬場
≪第31戦≫ 梅雨明け後、台風と前線の影響で前日大雨が降り、午前中はグラウンド不良で使用不可となっていたが、朝からの好天で午後からは回復した夢の島に、初対戦となる恵比寿アタックさんを迎えてプレイボール。 先発の森田投手が初回を三者凡退に抑えると、初回の攻撃は1死から関口選手、馬場選手の連続安打で1・3塁とするも、続く打者がファーストフライ、ショートゴロに倒れて無得点。 しかし2回、目下打撃部門三冠王プラス盗塁数もトップの田嶋選手が低目を上手く弾き返し、左中間のツーベースで出塁。 3盗にも成功し、この時キャッチャーからの悪送球の間に生還し1点を先制する。 森田投手は2回にヒット2本を打たれてピンチを背負うが、後続を抑えて予定の4回を無失点で投げきった。 4回には次の回からマウンドに上がる酒井選手がライト前ヒットで出塁すると2盗に成功。 続く打者のショートゴロで3塁を奪おうとするが、遊撃手と交錯してしまい転倒して頭を打ってしまう。 当然守備妨害でアウトとなり、軽い脳震盪状態のまま5回のマウンドへ上がる。 その酒井投手の速球を先頭打者に捉えられてライト前ヒット。 この時右翼手がトンネルしてしまい2塁まで走者を進めてしまう。 3盗も決められてしまい、1死後ワイルドピッチで生還を許し、同点に追いつかれてしまう。 その後、四球で出した走者を2つのワイルドピッチで3塁まで進めてしまい、2死後も四球で1・3塁から、1塁牽制が悪送球となり、3塁走者の生還を許して逆転されてしまった。 更に6回も先頭打者をキャッチャーの1塁悪送球で出してしまうと、内野ゴロでゲッツーが取れずに残した走者に2盗を決められ、ライト前ヒットで1点を失う。 何とか2点差なら逆転のチャンスもあった7回表、先頭打者に四球を与えると、続く打者の当りは1・2塁間を抜ける。 この当りを右翼手がライトゴロを狙い1塁に送球するも、これが暴投となりボールがベンチに入り2・3塁。 続く打者の内野ゴロで3塁走者の生還を許し3点差。 続く打者にはライトオーバーのツーベースで4点差。 更に左中間へのタイムリーヒットで5点差。 この後2死を捕った所で時間切れゲームセット。 御歳60歳という相手先発ピッチャーの制球に屈した試合となった。
2018年06月30日GBN決勝トーナメント決勝SEC野球部5-3レッドスピリッツ敗北
チーム名1234567total投手−捕手
SEC野球部0030205小林、鈴木−河原
レッドスピリッツ2010003林、鱒渕−森田
≪第30戦≫ 引き続き潮見で、勝つか引分でドーム進出となる大事なGBN2部決勝戦。 お相手は初対戦となるSEC野球部さん。 先発マウンドは林投手。 初回は3番打者にヒットを打たれるが、その後を抑えて無失点で立ち上がる。 すると打線は初回、1死から福田選手が四球で出塁すると、齊藤選手が送り2死2塁。 ここで頼れるバッター田嶋選手がセンター前にタイムリーを放ち1点を先制。 続く森田選手が内野安打で続き、椎名選手もライト前にタイムリーを放ち、初回から幸先良く2点を先制した。 林投手は2回もゼロで抑えるが、3回に先頭の9番打者にセンター前ヒットを打たれると、1死から死球を与えてしまい1・2塁とされ、3番打者にレフト前にポテンヒットを打たれ満塁のピンチ。 ここで4番打者に走者一掃のツーベースを打たれ、逆転されてしまった。 その裏、2死から田嶋選手がレフト前ヒットで出ると、2盗に成功。 続く森田選手がセカンド後方へ落ちるポテンヒットで田嶋選手が生還して同点に追いついた。 続く椎名選手もヒットで繋ぎチャンス続いたが、あと1本が出ずに同点止まり。 4回は鱒渕投手がマウンドへ上がりゼロに抑えるが、5回、先頭打者を内野エラーで出すと、続く3番打者に初球を叩かれ、左中間を抜ける3塁打で勝ち越されてしまった。 更に中継が乱れる間に打者走者まで生還を許し、2点リードされた。 その後2死を取るも、死球で走者を許し、続く打者の当りはセンター前へ。 この打球を田中選手が執念のダイビングキャッチで追加点は許さなかった。 その裏、変わった相手投手から先頭の齊藤選手がピッチャー強襲の内野安打で出塁。 1死から森田選手がこの試合3本目のヒットで1・2塁。 続く打者の進塁打で2・3塁とするが、ここでも後1本が出なかった。 時間的に最終回となった6回裏。 簡単に2死となるも、田中選手が左中間にツーベースを放つ。 続く代打・松井選手の当りはレフト頭上を襲い、抜けていれば同点となったかも知れない打球を相手左翼手が背走しながらの超ファインプレーを魅せゲームセット。 相手を上回るヒット10本を放ったが、後1本が出ずにドーム進出の夢が破れてしまった。 【美技】 センター前に落ちそうな打球をダイビングキャッチで好捕した田中選手(#22)
2018年06月30日練習試合習志野ファングス1-7レッドスピリッツ勝利
チーム名1234567total投手−捕手
習志野ファングス0001001
レッドスピリッツ2000057鱒渕、嵩−椎名、福田
≪第29戦≫ 梅雨明け翌日の潮見、朝8時ですでに猛暑。 習志野ファングスさんと今シーズン2試合目のプレイボール。 初回の攻撃、先頭の林選手がライト前ヒットで出塁すると、続く関口選手もライト前ヒットで1・3塁。 一塁ランナーが2盗する間に3塁ランナーが生還して1点を先制。 1死から齋藤選手もライト前に落とし2塁ランナー生還で初回から2点を先制した。 先発の鱒渕投手は2回を無失点で抑えると、3回からは嵩投手にスイッチ。 6回まで4イニングスを1失点で抑えると、打線が6回に一挙5点を奪った所で時間切れゲームセット。 暑い中でも集中力を切らさないナイスゲームで勝利を収めた。 【MVP】 4イニングスを1安打1失点(自責点0)で抑えた嵩投手(#29)
2018年06月23日レッドスピリッツ紅白戦レッドスピリッツ(女の子)3-2レッドスピリッツノーゲーム
チーム名1234567total投手−捕手
レッドスピリッツ(女の子)33松井−森田
レッドスピリッツ22庄太−鱒渕
≪紅白戦:男の子 vs 女の子≫ 引き続き江戸球で紅白戦2試合目。 男の子の絵と女の子の絵が描かれたくじを引いて2チームに分かれた試合は、降雨のため2回表攻撃中にコールドゲームとなった。
2018年06月23日レッドスピリッツ紅白戦レッドスピリッツ9-3レッドスピリッツ(S)ノーゲーム
チーム名1234567total投手−捕手
レッドスピリッツ10002069森田、鱒渕−馬場、森田
レッドスピリッツ(S)01000203林、椎名−椎名、上内
≪紅白戦:Senior vs Junior≫ 梅雨空の下、江戸球でオーバー40歳のシニアチーム10人とアンダー39歳のジュニアチーム10人による今シーズン初の紅白戦。 先攻のジュニアチームに相対するはチーム最年長の林投手。 先頭の酒井選手を追い込むも、外へのスライダーを上手く打たれて右中間のツーベース。 続く福田選手が絶妙なバントヒットで無死1・3塁。 前進守備を取らずに続く松井選手のショートゴロで酒井選手が生還し1点を先制する。 ジュニアチームの先発マウンドは森田投手。 初回は三者凡退でスタートするが、2回に先頭の林選手がレフト前で出塁すると、2盗と牽制悪送球で3塁まで進み、ワイルドピッチの間に生還して同点に追いついた。 同点のまま迎えた5回表、ジュニアチームは2死走者なしから田嶋選手がライト線へスリーベースで出塁すると、四球を挟んで坂選手がレフト前に2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功。 時間的に最終回となった6回裏、シニアチームが1死から内野エラーで走者を出すと、続く打者三振で2死を取られるも、死球で1・2塁とした後、林選手のセンターライナーが中堅手の目測誤りを誘い2者が生還して同点。 更に打者走者も一気に本塁を狙い3塁をオーバーランした所でダッグアウトとなり、同点でタイブレークに突入。 1死満塁からのタイブレークは、押し出し四球と坂選手の走者一掃スリーベースと酒井選手のツーベースが飛び出したジュニアチームが6点を奪い勝負あり。 白熱したゲームはジュニアチームに軍配が上がった。 【MVP】 5打点の活躍を魅せた坂選手(#28) 投打に奮闘した林選手(#11) 3長打の酒井選手(#42) 2死からの得点を演出し決勝の四球も選んだ田嶋選手(#18)
2018年06月02日練習試合スタンダーズ2-8レッドスピリッツ勝利
チーム名1234567total投手−捕手
スタンダーズ00101002
レッドスピリッツ02001238林、鱒渕、森田−椎名、福田
≪第28戦≫ 引き続き江戸球で、約10ヶ月ぶりの対戦となるスタンダーズさんとプレイボール。 先発マウンドは投手陣の柱、林投手。 1回、2回を無難に無失点で抑えていく。 その林選手はバットでも2回、ヒットで出塁した齋藤選手を3塁に置き、ショート後方へのヒットで先制点を叩き出した。 更に1点を追加して2点差とするも、迎えた3回、1死1塁からショート前への難しいバウンドがエラーとなり、進塁打で3塁まで進まれた後、サードゴロも難しいバウンドとなりエラーで1点を返されてしまう。 尚も1・2塁とピンチは続いたが、後続はセカンドゴロに打ち取って最少失点で切り抜ける。 しかし5回、1死からヒットを打たれると、2盗も決められる。 続く打者はライトフライに抑えるが、次打者にはセンター前に弾き返される。 中堅手が気迫のバックホームをするも、同点に追いつかれてしまった。 その裏、先頭打者が内野エラーで出塁すると、2盗に成功。 その時の送球が逸れる間に3塁まで進み、1死から稲熊選手がセンター前へ勝ち越しのタイムリーを放つ。 1点を勝ち越した後の6回、2死から鱒渕選手、上内選手の連打で1・2塁から、松井選手のレフトオーバーツーベースで2点を追加する。 更に7回も上内選手の2点タイムリーなどで3点を奪い、連勝を飾った。 【MVP】 勝ち越しタイムリーの稲熊選手(#23)
2018年06月02日練習試合gold selections4-15レッドスピリッツ勝利
チーム名1234567total投手−捕手
gold selections01304
レッドスピリッツ366X15田嶋、鱒渕−森田
≪第27戦≫ 江戸球月間となる6月最初の土曜日、完成したばかりのセカンドシャツをまとい、結成してまだ半年のgold selectionsさんとプレイボール。 先発の田嶋投手は、初回2四球を出すも無失点で立ち上がる。 すると初回の攻撃、先頭打者が四球で出塁すると、牽制悪送球で一気に3塁まで進み、田中選手のライトエラー(記録は犠牲フライ)で先制する。 更に庄太選手の右中間ツーベースで追加点を奪うと、田嶋選手もレフトへタイムリーを放ち、初回から3点を奪う。 その後も相手投手を攻め、15得点で快勝した。 【MVP】 ダメ押しとなる満塁の走者一掃ツーベースを放った森田選手(#7)
2018年05月26日GBN予選リーグ最終節ブルーサンダース2-12レッドスピリッツ勝利
チーム名1234567total投手−捕手
ブルーサンダース0002002三村、川田、大橋−藤野
レッドスピリッツ50111412林−酒井
≪第26戦≫ GBN春季リーグ最終戦は、江戸球でブルーサンダースさんと6年連続となる対戦。 先発の林投手は、2死から3番の俊足打者に内野安打を許すと、2盗3盗を決められ3塁まで進まれるが、4番打者をセカンドゴロに仕留め無失点スタート。 すると初回の攻撃、1死から連続四死球で1・2塁から、4番・田嶋選手が118メートルのセンターフェンスをワンバウンドで越えるツーベースを放ち1点を先制する。 続く森田選手はショート後ろに落とすヒットで2点目。 更にワイルドピッチで3点目を奪い、四球とワイルドピッチで2・3塁から、椎名選手がセンター前に2点タイムリーを放ち、初回5点奪取に成功。 3回にはツーベースの森田選手が3塁まで進み、松井選手がレフトフェンスをワンバウンドで越えるツーベースで1点を追加する。 林投手は4回、先頭打者にセカンド後方へポテンヒットを打たれると、続く好打者にライトオーバーのスリーベースを打たれ1点を失う。 その後セカンドフライ、センターライナーで2死を取るが、6番打者にセンター前ヒットを打たれ、この回2点を失った。 その裏、2死から田嶋選手が90メートルのレフトフェンスをライナーで越える柵越ホームランを放ち5点差とする。 続く5回は橋本選手が2盗、3盗を決め、キャッチャーの悪送球を誘い生還して6点差とした。 林投手が6回を与四球1の2失点で投げきると、6回裏の攻撃、連続四死球で1・2塁から、田嶋選手がこの試合3本目のヒットとなるショート内野安打で満塁から、押し出し四球、酒井選手のライト前2点タイムリー、代打・嵩選手のレフト前タイムリーで10点差となり、コールド勝ちとなった。 【MVP】 先制のツーベース、中押しの柵越ホームランを含む3安打の活躍を魅せた田嶋選手(#18)
2018年05月26日練習試合フリッパーズ9-7レッドスピリッツ敗北
チーム名1234567total投手−捕手
フリッパーズ0120069
レッドスピリッツ24010X7嵩、椎名−馬場
≪第25戦≫ 夢の島でフリッパーズさんと初対戦。 先発マウンドの嵩投手は初回三者凡退でスタートする。 打線は初回、3四球を貰いエラーも絡め無安打で2点を先制する。 2回には鱒渕選手の特大レフトオーバーツーベースなどで4点を追加。 嵩投手は2回に2安打を浴び1点を失うと、3回には2死走者なしからホームランを打たれ、更に連打で2点を追加され3点差に迫られた。 しかし4回、橋本選手が入団後わずか7試合目でホームランを放ち、4点差をつけ5回からは磐石の継投で椎名投手がマウンドへ上がる。 5回は簡単に三者凡退に抑えるが、6回、先頭打者にライト前へポトリと落されると、ワイルドピッチで2塁へ進まれる。 続く打者には1・2塁間をゴロで抜かれて失点すると、2盗を決められる。 続く打者の当りはファーストライナーだったが、エラーで後ろに逸らしてしまい1・3塁。 1塁ランナー盗塁で2・3塁から、前進守備の三週間を抜かれ2者の生還を許し1点差。 更に2盗を許し、続く打者の当りはライト前へ飛び、右翼手が前進して地面ギリギリで一旦はグラブにボールが入るが、こぼれてしまいヒットとなり1・3塁。 ここも2盗され2・3塁から、サード強襲ヒットで同点に追いつかれてしまった。 1塁走者2盗で2・3塁から、ショートゴロを本塁悪送球で遂に逆転を許すと、更にセンター前ポテンヒットでこの回6失点し、スリーアウトを取るが時間切れで敗戦となった。 外野手のポジショニングと、9盗塁を許した守備に課題を残した。
2018年05月19日練習試合新月旗1-11レッドスピリッツ勝利
チーム名1234567total投手−捕手
新月旗00100001
レッドスピリッツ008002111林−馬場、森田
≪第24戦≫ 場所を夢の島に移し、新月旗さんと初対戦。 先発マウンドは勝ち頭の林投手。 3回に2本の長単打を浴びて1点を失うが、7イニングスを最少失点で投げ抜いた。 打線は1点を先制された3回裏、松井選手の右中間ツーベースで同点に追い付くと、内野安打と四球で逆転に成功する。 更に連続四球で3点を勝ち越した後の満塁機に、田中選手がセンターオーバーの満塁ホームランを放ち一挙8点を奪い流れに乗る。 その後6回、7回にも得点して11−1で勝利を収めた。 【MVP】 攻撃では同点タイムリーツーベースを放ち、守備では三遊間の深い当りを捌き一塁アウトにした松井選手(#1)
<< 1

16 勝 13 敗 1 引分


Websb2 Ver.2.2.4
LicenseNo:20143